――――――――――
 隠者くん  攪拌ノ章

  新世界分岐選択編
――――――――――

――――――――――

2019・5・24日曜(令和二年)

――――――――――

□─────────■
 下は各種 記事など
●─(↓ここから)─○

中国外相、米国との関係は「新たな冷戦の瀬戸際」
5/24(日) 17:03配信

AFP=時事
中国・北京にある全国人民代表大会のメディアセンターで放映される、王毅外相の記者会見(2020年5月24日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】(更新)中国の王毅(Wang Yi)外相は24日、米国が中国との関係を「新たな冷戦の瀬戸際」へと押しやっていると述べた。両国の間では、新型コロナウイルスや香港情勢をめぐり緊張が高まっている。

【写真】武漢の路上に男性1人の遺体、新型肺炎との関連は不明

 王外相は記者会見で、「米国のある政治勢力が中米関係を人質にして、両国関係を新たな冷戦の瀬戸際へと押しやっているということが、われわれの目を引いている」と話した。

 また中国の全国人民代表大会(National People's Congress、全人代、国会に相当)に議案が提出されたことで議論を呼んでいる「国家安全法」について、「ごくわずかな遅れもなく」施行されなければならないと発言。

 同外相は、同法について「必須」であり、昨年香港で繰り広げられたこと抗議活動は「中国の国家安全保障を深刻な危険にさらした」と述べた。

 さらに同外相は、新型コロナウイルスの発生源を特定するための国際協力を、中国は「受け入れる」としたものの、調査は「政治的干渉から離れている」ものでなければならないと述べ、米国の政治家がウイルスの起源について「うわさをでっち上げ」て「中国に汚名を着せている」として非難した。【翻訳編集】 AFPBB News

ーーー

コロナで8か国100兆ドル賠償請求に中国「ならリーマンは?」
5/24(日) 7:05配信 NEWS ポストセブン

新型コロナウイルスは世界中で猛威を振るっているが、感染拡大の原因は中国の初動対応の誤りが主要な原因だとして、現在、米国、英国、イタリア、ドイツ、エジプト、インド、ナイジェリア、オーストラリアの8カ国の政府や民間機関が中国政府に賠償を求める訴訟を起こしている。

これに対して、中国内では大きな反発の声が上がっている。ネット上では「1918年のスペイン風邪で死者が推定で最大5000万人に上ったが、その原因は第一次世界大戦で欧州に派遣された米兵が感染を拡大させたことだ。しかし、そのとき、アメリカ政府は賠償金を支払っただろうか。いま中国に賠償金を要求するのならば、アメリカが当時の責任をとって、賠償金を支払ってからにせよ」などとの痛烈な批判が出ている。

このような賠償請求額について、中国外務省報道官は記者会見で、「中国政府は速やかにWHOや米国を含む関係国・地域に新型ウイルスの情報を提供してきた。これらの訴訟は乱訴というべきだ」と強い不快感を示している。

また、共産党機関紙『人民日報』系の『環球時報』は7日付朝刊で「ウイルスはいかなる国にも出現する可能性があり、どの国が最初にまん延しようとも法的責任はない。世界的な疫病のいくつかは最初に米国で広まったが、米国に賠償を求めた国はない」とする大学教授の論評を掲載した。

崔天凱・駐米国中国大使も「世界的な経済停滞を招いたアメリカ発のリーマンショックや世界恐慌などで、アメリカに賠償を求めた国はない」と強調。さらに、崔氏は米紙『ワシントン・ポスト』のコラムに寄稿し、新型コロナ感染拡大の原因が中国にあるとの主張は、世界の2大経済大国である米中を「分断」する恐れがあると指摘した。崔氏はまた、中国への疑念の高まりが新型コロナとの闘いや世界経済の再始動における米中協力を脅かしているとの見解を示している。

ーーー

ビジョンタイム 5/22

21日の夜から一晩をかけた豪雨で、中国・広州市など各地が、水害に見舞われました。被害が一番深刻な地域は、広州市と東莞市(とうかん-し)です。特に広州は、市内に大量浸水で大荒れです。水没した町は、川のようになり、住宅地や街中の車、地下駐車場などが大量浸水で人命被害及び大きな経済損失を受けました。

 中国メディアによりますと、22日、北京時間の午前1時33分の時点で、広東省は37の地域で大雨注意報が発表されました。その中、広州市と東莞市(とうかん-し)の9つの地域で、大雨警報が発表されました。

 22日、北京時間の午前2時の時点で、気象観測所が、1時間で100ミリの降水量を観測した地域は10カ所です。中国国内で、22日の朝から「広州豪雨」、「東莞豪雨」がネットで話題になっています。今回の豪雨による冠水で、広州の13号電車は運行停止になっていて、また、他の地区では、休校措置が取られています。

 22日の激しい雨は、広範囲で過去最大の降雨量を記録しました。中国メディアによりますと、土砂崩れや浸水したトンネル内に車が閉じ込められ、4人が死亡したということです。被害は広がっています。

ーーー

中国・武漢に第2波到来?桁外れの「徹底的」対策へ
5/24(日) 8:00配信

JBpress
中国・武漢市の住宅で核酸検査のために並ぶマスクをした住民(2020年5月17日、写真:ロイター/アフロ)

 (姫田 小夏:ジャーナリスト)

 ロックダウン解除後の中国で、新型コロナウイルスの感染者が再び増え始めた。

 4月8日に武漢市の都市封鎖が解除され、厳重なロックダウンに一区切りがついたものの、黒竜江省や吉林省など各地で新規感染者が続々と確認され、感染の第2波が懸念されている。

 入院していた感染者が全員退院した武漢市も、再び臨戦態勢に入った。都市封鎖解除から1カ月以上が過ぎた今、武漢はどうなっているのか。

■ ロックダウン解除後に団地でクラスター

 5月9日、武漢市東西湖区にある集合住宅地の三民小区で、89歳の男性が新型コロナウイルスの検査を行ったところ陽性であることが判明した。翌10日には、三民小区から相次いで5人の感染者が確認された。

 男性の妻(81歳)も感染していることから、夫婦は、同じ小区内に住む「武漢市外から来た無症状感染者」と接触し感染した疑いが高いとみられている。約5000人が住むこの集合住宅地は築年数も古く、その半数が外地から出稼ぎにきた労働者によって占められているという。

 武漢市衛生健康委員会によると、5月18日の新たな感染者は1人で、9、10日の感染者と併せて7人(累計感染者数は5万0340人)となった。また、無症状の感染者も増えており、同日の0~24時の間に新たに16人が確認された。武漢市では18日現在で277人が経過観察を受けている。

 同日、市内の「発熱外来」を訪れたのは354人で、前日より29人も増加した。発熱したからといって新型コロナを発症しているわけではないが、第2波の到来を予感させる不気味な兆候である。

■ 無謀? 「10日間で1100万人を検査」

 そうした状況を受けて、武漢市は再びコロナ対策を打ち出した。その内容が凄まじい。なんと「10日間で武漢市全員のPCR検査を実施する」というのだ。

 武漢市衛生健康委員会によれば、4月29日時点で1100万人の武漢市民のうち103万人が検査済みである。その10倍の人数の検査を、たった10日でこなすのだという。「10日間で1000万人以上の市民を検査する国が一体どこにあるのか」──と中国の感染症専門家も呆れるほどの徹底ぶりである。

 この「10日間1000万人検査プロジェクト」は5月9日に当局の通達を受け、集合住宅地の小区などを単位として検査が進められているという。だが、目標の達成にはほど遠い状況のようだ。武漢市衛生健康委員会は1日当たりの検査数を公表しているが、5月18日時点で延べ46万7847人しか検査を受けていない。人口1100万人の武漢市には63の検査機関があり、368カ所で検査を行うことができる。一部の報道によれば、1日の検査処理能力を10万件に引き上げたというが、それでも全市民を検査するには3カ月以上を要する計算になる。

 とはいえ、どう見ても不可能な目標であっても、強引に「達成」してしまうのが中国という国である。中国では最初の感染確認から76日間で新型コロナが収束したことになっているが、湖北省を含めた地方政府のリーダーたちは、3月末までに封じ込められなければ首が飛びかねないという状況だった。現に三民小区を管理する街道弁事所(末端の行政区)のトップは、今回、感染者を出したことを理由に更迭されている。「10日間1000万人検査プロジェクト」も、数字のつじつま合わせが行われる可能性は大いにあり得る。

■ 死の恐怖に怯える国民

 ゴミを捨てにいっただけでも衣類は洗濯機に、郵便や宅配を受け取るときも手袋で、外出から帰れば即シャワー室へ──中国では今なおウイルスを強く警戒する人たちがたくさんいる。ウイルスへの恐怖心は日本人以上と言ってよい。その理由について、中国の友人は筆者にこう解説してくれた。

 「中国人にとって、死ぬことは恐怖でしかありません。このコロナ禍で、多くの中国人がパニック状態に陥りました。まず、現代の中国人は無宗教の人が多い。彼らの多くは、札束を積み上げ、豪華な住宅に住み、美食を堪能することを人生の目標とする唯物思想に支配されています。ウイルスで死んでしまえば、何十年もかけて手に入れてきた財産を一瞬で失うことにもなる。だからウイルスを何よりも恐れているのです」

 都市封鎖が解除されても、感染リスクとは背中合わせだ。そんな中で、ウイルスと死の恐怖におびえる国民を落ち着かせるには、検査という科学的手段しかない。

 CCTV(中国中央電視台)のニュース番組のなかで、アナウンサーが中国疾病コントロールセンター副主任の馮子健氏に本気でこんな質問をしていた。

 「(武漢市民だけではなく)全国民を検査すれば、全国民に安全をもたらすことができるのではないでしょうか?」

 馮氏の答えは「全国的な一斉検査は必要ない」というものだったが、武漢市以外の広範囲にわたる検査の可能性は否定しなかった。

 企業倒産、失業、家庭内暴力、自殺・・・ウイルスは中国社会に大きな爪痕をもたらした。もしも癒えたはずの傷口が再び開くようなことがあっては、目も当てられない。武漢市の「1000万人検査」は、社会の秩序維持や政権への信頼維持のためにも、欠かせないプロセスなのかもしれない。

姫田 小夏


===( 記事終了)


中国人に限らず、かつてのソ連も 科学的無神論という宗教 を国家宗教として採用していた。 これらの背景は大きくはソ連はあのフリーメイソンの長の出自がロシアからという事からエホバ関連( 科学偏重の星) 、中国が同様に科学偏重のエル・ランティ派( イルプロラシオンの樹木人の連中) 、そして更に両方の地域にまたがって出ているであろう 自らのルーツが地球から開始されているので、情報の根源ゼロ座標とも言える実存とそもそも最初から接続されていない恐竜人間 らの魂などが複雑に絡み合っているのだろうなと思っている。 カミとやらを全く信じず、現世利益に相当拘泥してしまっている魂の状態維持継続は。

ついで言っておけばなんちゃらガッカイも徹底的に現世利益を追求する集団だという理解をわたしはしているが、ま、同根なんだろうなと勝手に思っている。

さてその中国において、全世界の各国が現時点中国政府に対して損害請求をしており( 武漢肺炎) この動きそのものが国際法違反だとまずがなり立てている。 しかし彼らは、確かハーグだったと思うのだがそこの国際裁判所にフィリピンが南シナ海の占領関連において提訴して、完全に有罪判決が出ても「 そんな言葉には何の意味もない」 とかと鼻で笑った連中だ。

その彼らがこうした時だけコクサイホーと連呼するのは、さすがに隠ぺいと買い占めに関しては徹底的に証拠がそろっているから逃げられないと見ているからにほかならない。 だからこの24日の時点で武漢市のウィルス研究所の所長とやらが、人々の認識を武漢肺炎は武漢研究所から出たのではない、と主張しだして( 勿論それは共産党の命令台本だが) 世界の人々の認識を再びこの漏洩ルーツ問題という座標に引き戻そうと認識改変工作をしかけていた。

しかし、裁判提訴をしている勢力ははっきりと、中国政府の 隠ぺいと医療器具の買い占め に争点を絞っているので、それらの源問題などはどうでもいいのだ。 つまり中国政府は起死回生の一発逆転手段で今 人民解放軍の生物兵器開発部隊に開発させている 武漢肺炎のワクチンを、これを世界に先駆けて発表し、それをもって「 世界を救ったのは中国」 という印象上書き作戦で勝利する算段を立てて動いているのだから、とにもかくにも時間が欲しいのである。

だが気になる事として、香港に国家安全法を適用し、今回の様に損害賠償請求においても 新しい米中冷戦がはじまる と脅してみる彼らの動きの背景においては( 内在論理) もう米国など一切怖くないと彼らが勝手に見切ってしまったところからそうした行動をとらせている… これがある。

その判断が正しいかどうかはこれから分る。 米国は確かに衰えている。 しかし今この瞬間の米国の観測のされ方… という表現を使うが、外部の第三者分析官たちが「 その様に米国を判定する」 という認識を導き出すために、国家を挙げて大芝居を打っている可能性、米国はこれがある。

トランプ大統領の一見支離滅裂で何の脈絡もない素人丸出しの一連のツイートなどが、実は奥深い国家戦略の元に行われているものだ… という設定に立って再び捉えなおしてみると、5年スパンくらいにおける実際の中国封じ込めの為の、大統領という職責がどのように世界に思われているのかというのを十分に計算しつくした発言行動である可能性… これがある。 こうしたやり方はロシアのプーチン大統領が最も得意とするものだが( もっともカネのないロシアはそれしかないという話もあるが) 、トランプ大統領の背後勢力としての、今米国内部で起きている権力闘争=世代間及び地域間闘争… と言える衝突領域から出ている 米国の意図 に彼は忠実である可能性がある。

中国は武漢における、例えば欧州などが言っている独自の調査機関の立ち入りも今は拒否しているでしょう。 これは勿論彼らが「 隠ぺい工作を完全に終了させるまでは誰も入れない」 と決めているからだが、これらの動きははっきり言うが、米国の内部の民主党勢力に近いやつらと( これはもう名指しでアメリカ共産党とソ連と言ってもいいのではないかと思う) 、中国共産党の合作において大日本帝国に投げつけられた南京大虐殺という概念において、世界の調査研究者、研究機関たちが「 南京でそれだけの、何百万人もの人間が殺害されたのなら、必ず 人骨が残っている のだから、それらの発掘現地調査をさせてくれ」 と中立機関が何度も中国にお願いしても、中国は全てこれを拒否し、後に、少数の人間だけを現地入りさせることを許可したが、その時には「 舞台準備の仕込みがすっかりと終わっていた=どこかからかかき集めてきたある程度の数の人骨を埋め終わっていた」 のでそれを許可したのだ。 わたしにはその様にしか見えていないし、それらの流れの中で日本国内でこの南京大虐殺がどうしたやらの科学的調査をしたとやらになっている秦郁彦だったと思うが、すっかり完全に騙された… のだなと思っている。 そしてわたしは彼の著作が例えば中国で翻訳出版してもらえる約束を取り付けたかどうか( それは彼のカネモウケになる) だとかそうした事例を事細かに調べていないので、何かがあっただろうなと実に今でも疑っている。

もっとも、南京虐殺がどうしたとやっていたのは秦郁彦ではなかったかもしれないし、この辺は記憶をもとに書いているので、気になる人はジブンで調べてください。 彼ではなかったらごめんなさいだな。

我々日本人は民族丸ごと洗脳された実験動物なのだ。 欧米の科学者は本当にその視点で我々日本人を見ている。 勿論上層支配層達も。 そして中国もソ連もだ。 社会工学=民族洗脳という大きな実験を人類の史上初めて施されて、そして大成功した事例が我々日本の戦後の歩みになっている。 志も矜持もない、奴隷の日本だという言い方も出来る。 ただそうした過激な言葉を使って人々を扇動することはどうとでも、他者を道具として利用しますと宣言しているに等しいのでわたしはやらない。

中国においては大水期でもある。 それはまだ続いている。 だから今年も沢山の水害が起きる。 そうした流れで三峡ダムを含める沢山のダムの崩壊のリスクは、これは毎年言っているがあり得ることだ。 補助金目当てのダムみたいなものが沢山崩壊して下流が洪水になっている事例がいくつか記事になっている。 今はそれも抑えられているようだが。

中国は来年中国共産党結党100周年だ。 だからそれに向けて長である、王である、紅い皇帝である習近平主席は 外征を行ってそこで勝利し 自らが中国帝国の皇帝であることを証明しなければならない。 だから彼はそれをやる。 今年は準備だ。 恐らく年末から来年にかけて大きな動きが起きる。

そして米国は、中国企業に投資した米国企業を国家補償で救済するためにも、中国の海外資産の凍結と、米国債の無効化によって、取り合えず色々と面倒くさいがドルを手に入れそれを米国企業に支払ってやる。 そうした動きが何となく見える。


下半期から来年は更にぶっ壊れていくだろう、世界の全てが。 それがわたしの見え方。


 ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

   ∧_∧
  ( ・∀・)
_ (__つ/ ̄ ̄ ̄/_


----
終了
----

英、5Gに中国製品使わず 限定活用を撤回、米に配慮か

5/23(土) 21:10配信

 【ロンドン共同】英紙デーリー・テレグラフ電子版は23日までに、ジョンソン英首相が第5世代(5G)移動通信システムに華為技術(ファーウェイ)など中国メーカーの機器を限定採用するのを認める方針を転換し、活用を取りやめることを検討していると報じた。

 新型コロナウイルス感染症の流行を巡る米中対立の深まりを踏まえた、トランプ米政権への配慮とみられる。米英間では自由貿易協定(FTA)交渉が進んでいる。

 報道によると、2023年までに英国内の5G通信網などにおける中国メーカーの関与をなくす計画を立案するよう、関係部局に指示した。

ーーー

第6世代移動通信システム

現在開発中の移動体通信システム

言語ウォッチリストに追加編集

第6世代移動通信システム(だい6せだいいどうつうしんシステム)。英語:?6th?Generation Mobile Communication System, 「6G」(ろくジー、スィックスジー)と略記される。1G、2G、3G、4G、5Gに続く現在開発中の無線通信システムである[1]。なお、標準化等がまだされていない現在では「5Gの次」という意味で「Beyond 5G」、「ポスト5G」などと表記されることも多い。

国際標準規格が未決定なため、統一された基準、定義は存在しないが、伝送速度は100Gbps~1Tbps、インターネット遅延1ms~0.1msなどの基準が検討されている。

特徴・活用編集

国際基準が未定なため、具体的な仕様は決定していないが、各社がコンセプトを公開するなどして特徴を挙げている。あくまでコンセプトであるため、実用化されるかは不透明[2]。

特徴編集

超高速・大容量通信編集

100Gbpsを超える超高速通信。NTTドコモは、速度と容量において5Gの10倍を目指すとしている。中国は1TB/sの転送速度を目指しているとも報じられている[3]。

通信領域の拡張(カバレッジ拡張)編集

宇宙旅行や空飛ぶクルマの実用化が控える中、現在の通信ではカバーしきれていない海、空、宇宙でも通信を提供する。

超低消費電力・低コスト化編集

ネットワークの消費電力をこれまでよりも抑える。

超低遅延編集

1ms以下に遅延を抑える超低遅延通信が模索されている。

信頼性の向上編集

産業への利用において、セキュリティなどの安全面の信頼性を向上。ロボットやドローンでの活用も見込む。

超多接続編集

1平方kmあたり1000万デバイスの接続を実現させ、IoT関連の活用を見込む。

想定されている利用環境・活用方法編集

携帯電話通信ロボットドローンウェアラブルコンピュータ拡張現実、仮想現実、複合現実[4]4K/8K宇宙開発/観測、宇宙旅行遠隔医療セキュリティシステム、治安維持遠隔ホログラフィックプレゼンス、触覚、嗅覚、味覚などを用いた感覚通信[5]インフラの自動制御エネルギー制御量子コンピューティングオンラインでの機械学習スマート工場、スマート農業スマート物流自動運転車[6]、空飛ぶクルマ航空機Internet of Things(IoT)[7][注 1]軍事用途への活用[8][9]農村地域での活用、SDGsへの貢献[10]

===
コメ

  ∧_∧
 ( ・∀・) < 少なくとも米英はファーウェイを排除すると決めた。 その背景には5Gそのものを使わないという戦略があるとされるがこれは分からない。


  ∧∧∧
 ( ´∀`) < 10年後に使う予定だったら6Gを、その技術の半分くらいを前倒しにして現行の5Gにつぎ足す形なのかどうかまでは分からないけれど使う 5・5G の事だね。 6Gかもしれないけど。


  ∧_∧
 ( ・∀・) < 現実ファーウェイに米英の企業が莫大な投資をしている。 これを 中国の海外資産の凍結没収、そして米国債の無効化によってドルを確保し、それを企業に国家補助の形で補償する計画が背後に控えているという風にみるべきだろう。


  ∧∧∧
 ( ´∀`) < 人民元の決済地域が現実のものになるまえに、ドルとポンド、これと人民元との兌換停止措置、ここまで人類世界が移動するかどうかだよね。


  ∧_∧
 ( ・∀・) < 習近平主席は中国の国民生活が文革のころにまで戻っても構わないという精神主義論者だ。 これが中国国民に受け入れられるかは、外に強力な外敵の設定に成功するかどうかに尽きる。 欲しがりません勝つまでは、をやるという事だが、中国国民を騙しきっていた唯一の壁というか、中国ネットの防壁を米国が本当に破壊するというのなら、それらの政策も完全には成功しない。 混沌とした流れに入った。 ただ特定国家の特定少数勢力の思惑通りに世界進行を行うことは、これはどうも無理なステージに入ったのではないかなと思う。


----
終了
----


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する